チャレンジ!―クラブのボーイになる | croc's mexican bar and grillボーイ求人|お店のタイプ・勤務エリア・職種大百科

チャレンジ!―クラブのボーイになる

ナイトワークの代名詞と言えばキャバクラですが、そのキャバクラに次いだポジションとも言えるのが「クラブ」です。今後、ナイトワークを続けていこうとする思い、もしくはしっかりと稼げるようになりたいと意思があるのであれば、クラブのボーイという選択肢をとることも、お勧めです。では、実際にクラブのボーイというものがどういったものか、どのような人に向いているのか等、色々とまとめてみましたので、ご覧ください。

高級店の代名詞―クラブとはどんなお店なのか

皆さんはクラブという言葉を聞いて、どのようなお店を想像したでしょうか。先ず始めに言っておきたいのですが、ここで言うクラブはダンス等を躍るクラブではない方の、水商売のクラブをさしていますのでご注意くださいません。では、高級店の代名詞とも言えるクラブというものが一体どのようなお店なのか、その説明から進めていきたいと思います。

クラブというのは、一般的なキャバクラ店と比べて客単価も高く、もっと上品で落ち着いたお店であることが大半です。お店には基本的に“ママ”と呼ばれる存在がおり、ママさんがお店の全体的な運営を取り仕切っています。そう言った意味では、基本的にキャバクラとは全く違うお店だと捉えておいた方がいいでしょう。同じようなノリで働くことは基本的に許されないと思って下さい。

キャバクラ同様、ママさんやホステスさんがお客さんの接客についているため、ボーイは基本的に皆さんのアシストに回ることになります。他のお店同様、クラブにおいてもボーイが前に出過ぎるようなことがあってはいけませんし、クラブの場合は“ボーイであっても所作に気をつける必要がある”ので、この点は注意が必要です。では、クラブにおけるボーイの仕事内容ですが、基本的には他の業態のお店とそれほど変わりはなく、お店のママさんやホステスさんが働きやすくなるよう、細々とした作業を行うことになります。飲み物を作る、足りないものや必要なものがあれば買い出しに行く、お店のホステスさんなどの愚痴話を聞く、会計業務などが主な仕事と言えるでしょう。


引用:https://lulinego.jp/shop/view/2595/

クラブのボーイとして働くメリットは?

クラブのボーイの仕事を選ぶ上で、最大のメリットと言えるのはキャバクラと比較した場合に“ホステスさんのマネジメント業務”が一切ない、と言う所です。お店の全体的な運営はママさんが基本的に全てやってくださるので、ホステスさんをこちらで色々とコントロールする必要もなく、つまり責任もないということですね。
どうしてもマネジメントに関しては向き不向きもあるので、そういったことが苦手な方であればクラブで働くという選択肢は多いにありでしょう。
また、もう1つのメリットが、キャバクラよりもクラブの方が高収入になる事が多く、ナイトワークでは必須とされる“所作”についてより厳しいため、成長することができるという点です。特に高級クラブとなれば、ボーイの所作についても非常に厳しいものです。その代わり、勤めあげれば一流の人達に失礼のないような立ち振る舞いができるようになるわけですから、その恩恵は素晴らしいものと言えます。しっかりと色々なことを学んで上に立てる人間になりたい、独立したいと言う気持ちがあるのなら、高級クラブで一度経験されてみることをお勧めします。

どんな人に向いているのかについて

見出し3備考:ある程度業界に慣れててそろそろ楽したい人・超高級店で成長したい人
クラブに関しては、ナイトワーク等の初心者でもOKとするお店もあれば、それなりに経験がないと困るというお店もあるので、一概に言えませんが、基本的には「既にこれまでに夜のお店でのボーイ経験があり、慣れている」方がお勧めです。既に同じような仕事にはなれているところで、キャバクラよりはゆるい環境で楽しく仕事がしたいという方、あるいは超高級店などのしっかりした場所で自分を磨き、成長したい人に向いていると言えます。キャバクラ以上に厳しい面がありますので、どこに行っても通用するようなものを手に入れることができるでしょう。

クラブ裏話―ボーイとして働くデメリット

クラブで働く事を選択する上で、唯一のデメリットをあげるとすれば、それは基本的に初心者ボーイには向いていないということです。中には経験がなくても良いとするお店もありますが、基本的には経験者優遇といった感じです。というのも、やはり来られるお客様の層が良く、お店の運営全般に関して厳しい目で見られる事が多いからです。ボーイのちょっとしたミスがお店の品位を落とすことにも繋がりかねませんから、当然とも言えます。