副業におすすめ―キャバ嬢を安全に送り届ける送りドライバーのお仕事 | croc's mexican bar and grillボーイ求人|お店のタイプ・勤務エリア・職種大百科

副業におすすめ―キャバ嬢を安全に送り届ける送りドライバーのお仕事

ナイトワーク系で人気の職種の一つと言えば、キャバ嬢を自宅まで送り届ける仕事である送りドライバーの仕事でしょう。皆さんもナイト系の求人をみたことがあれば、よくキャバ嬢の募集欄に””送迎あり””といった単語が書かれているのを見かけたことがあると思います。今回皆さんにご紹介するのは、この送迎を行うドライバーについてです。夜の業界で働く男性の職種をご紹介する上では、この仕事は外せないポジションの1つとして定着しておりますので、その内容について一度ご確認いただければと思います。

送りドライバーとはどんな職種なのか

では、送りドライバーとはどんな仕事なのか、簡単に説明したいと思います。これは、冒頭でもお伝えした通り、キャバクラ等で働いているキャストさんを自宅近辺まで送り届けることが主な業務であり、それ以外の仕事は基本的にありません。つまり、本当に送り届けることだけが送りドライバーの仕事と言えます。待機時間なども発生するため、ちょっとした暇な時間を持て余してしまうという方もいらっしゃるでしょうが、他の仕事との兼業でこの仕事をこなしている男性も少なくはありません。

また、運転に関しては県内だけでなく、県外へと出向く事も多いため、基本的な部分で“運転慣れしている“必要があります。また、長距離運転に耐えうる人でなければ危険だと言えます。

その他、気をつけるポイントとしては“嬢に愚痴をきかされる、介抱する必要がある”と言う点も見逃せません。送るだけとはいえ、嬢はある程度お酒を飲んだ状態で乗っていることが大半です。相性の良い嬢であれば全く気にならないかもしれませんが、そうでない嬢もいます(ドライバーをなめている等)。そう言った事があるというのも、あらかじめ理解しておいた方がいいでしょう。

送りドライバーとして働くメリットは?

ドライバーとして働くメリットですが、基本的に働く時間帯が“仕事が終わり、嬢が帰る時間帯”であることから、数時間程度の勤務時間になるため、隙間のあいた時間に高収入をゲットできるという点です。ホールスタッフやキッチン等の他の職種と大きく違う点がここにあると言えます。決して本業にできるほどの労働時間にはならないのですが、他に何かの仕事を既にされており、夜間はヒマと言う方には最適なお仕事と言えるでしょう。

どんな人に向いているのかについて

向き不向きはどうしても運転である以上あります。ハッキリ言えば、先ずは免許のある人という前提があります。また、できれば運転慣れしている、あるいは長時間の運転が嫌いでない方が好ましい所です。また、送り届けるのはどうしても夜間から深夜帯になってしまうため、夜間に働きたい人にも最適です。
まとめてみると、夜間に働きたい人で、免許があり、運転が得意ならパーフェクトということですね。

送りドライバー裏話―働く上でのデメリット

夜勤が続くことになるので、どうしても生活リズムが乱れてしまいます。生活リズムが長期間に渡って乱れてしまいますと、どうしても健康上の問題が出てくるでしょう。なので、もしこの仕事を続けるのなら、比較的短時間の睡眠でも可能なショートスリーパーな方や、そもそも夜型の人だと、このような健康面でのデメリットは気にならないかもしれませんね。デメリットと言えるほどのものではありませんが、長期間続けるつもりなら、このデメリットも考慮した上で検討することをお勧めします。