付き合える!?―ガールズバーのボーイになる | croc's mexican bar and grillボーイ求人|お店のタイプ・勤務エリア・職種大百科

付き合える!?―ガールズバーのボーイになる

キャバクラに次いで、ライトな感じで応募しやすいボーイのお仕事と言えば、ガールズバーのボーイ求人じゃないかと思います。特に、その他の業態と比べると、ガールズバーのボーイ=お店の女の子と付き合うことができる!?という話がカナリ有名なところだと思います。今回は、多分みなさんも気になるであろうその辺りの話も含めて、ガールズバーのボーイのお仕事等についてご紹介していきたいと思います。

ライトな水商売―ガールバーとはどんなお店なのか

ガールズバーに行ったことがないという方も多いと思いますので、先ずは簡単にガールズバーとはどういうお店なのか?ということをご紹介したいと思います。すごく簡単に言ってしまえば、ライトな水商売?という表現が割とマッチすると思います。キャバクラほどガッツリ夜のお店という雰囲気はなく、ちょっとしたバー・カフェバーみたいな所で、カウンター越しに女の子が接客してくれる、という形態なので、何も言われなかったらたまたまバーテンダーを女性がやってるお店と勘違いするかもしれません。

なので、これまでに行った事がない人は女性が接客してくれるバーみたいな感じで想像してみるといいでしょう。なので、キャバクラと比べるとお店に落ちる単価も低くなりますし、女性も男性も収入自体はキャバクラよりも少し低めに設定されていることが普通です。

ガールズバーにおけるボーイのお仕事としては、基本的に雑用がメインになりますが、後はキャッチしてる女の子を見張ってる(変な人に絡まれないように)だとか、洗い物だとか、注文受け、みたいなところが主な仕事内容と言えます。お店の女の子が動きやすいように、そのサポートを裏側でするという点ではキャバクラと同じですが、お店によっては“かなりヒマ”という所も少なくはありません。


引用:http://himejima.g-sakaba.jp/gallery.html

ガールズバーのボーイとして働くメリットは?

ガールズバーでボーイの仕事をするメリットは、正直それほど大きなものはありません。ただ、ガールズバーのバイトで詰める経験値は、キャバクラと非常に近い部分があるので、ある意味では粒しが効くと考えてみるといいかもしれません。要は、簡易版のキャバクラで働いた経験値が積める、と思ってもらえればいいでしょう。
キャバクラで働くのはちょっと緊張する…という人は、少しカジュアルな雰囲気のガールズバーからスタートしてみる、という流れも良いと思います。今後も水商売などのナイトワークでしっかりと稼いでいきたいと考えているのなら、先ずはガールズバーから始めてみるというのも良いと思います。
その他には、高収入ではないものの、可愛い女の子達に囲まれてお仕事ができるというメリットもあります(他の業態でも同じですけれども…)。

どんな人に向いているのかについて

基本的に、ガールズバーのお仕事は他の業態と比較しても客単価が低めに設定されていることもあって、ナイトワークの中でもお給料は低めです。ボーイの仕事だと、時給1000円前後というお店も多いですし、1200円を超えるようなお店の方が少ないような印象がありますね。中には時給交渉で高めに設定できるお店もあるようですが、その辺りは一度入ってみないと分からないところです。
なので、どんな人に向いているのかと言われれば、自分の好きな環境で多少稼げればそれで良い、と納得できる男性に向いています。ナイトワークと言えば高収入案件というイメージがありますが、これに関しては期待せず、そういった環境でそれなりに~という方にはピッタリのお仕事だと思います。

ガールズバー裏話―ボーイとして働くデメリット

ガールズバーのボーイとして働くデメリットは、基本的にはありません。しいて言うのであれば、ガールズバーのアルバイト=キャストと付き合えると信じてボーイの仕事に応募する方が大半だと聞きます。事実、実際にモテるパターンもあるにはあるのですが、だからといっても誰でもモテるわけではないですし、そもそもボーイとキャストが付き合うというシチュエーションが“ガールズバーなら全然有り得る”という考え方そのものが特殊ですよね。それであれば、どの業態でも同じような可能性があると思います。
なので、もしもガールズバーで働いたらキャストと付き合えるから~と考えて応募するのなら、迷わず止めておくことをお勧めします。そういった意味では、過剰に期待して失敗するよりも、最初から期待せずに行かれることをお勧めします。