料理上手には―キャバクラでのキッチンのお仕事 | croc's mexican bar and grillボーイ求人|お店のタイプ・勤務エリア・職種大百科

料理上手には―キャバクラでのキッチンのお仕事

ホールスタッフに続いてご紹介したのが、キャバクラでのキッチンのお仕事です。この記事をご覧になられている皆さんがどのような経験をお持ちの方かは分かりませんが、キャバクラという所は基本的に“飲食店でありサービス業”であります。女の子が主体となっているため、一見見えづらい部分ではありますが、ホールスタッフと同様お店にとってなくてはならない存在なのがキッチンという仕事。そこで、今回はキャバクラを支える屋台骨の一つ、キッチンの業務についてご紹介していきたいと思います。

裏方の裏方―キッチンとはどんな職種なのか

表に全く出る事がないため、完全に裏方といった業種になるのがキッチンという仕事ですが、これは一般的な飲食店であっても、同様と言えます。よほど料理の腕等に力を入れたお店でなければ、ただそれなりに美味しい料理が出てくるだけのお店となってしまい、キッチンにスポットが当たることはありませんよね。キャバクラにおいて料理が重要視されることはそこまでありません。なので、キッチンという仕事はキャバクラの運営を支える上でかなり重要なポジションではあるものの、裏方となってしまうことは仕方ないのです。

では、キッチンはどんな職種なのか。これはもう皆さんが想像する通り、入ってきたオーダーを確認し、調理やドリンク作りを行う仕事、となります。お店の規模によってはこのキッチン業務をホールスタッフが行うこともありますし、バーテンダーのいないキャバクラではキッチンスタッフやホールスタッフがキッチン業務を行うこともあります。逆に言えば、キッチンを別で雇っているキャバクラは、それなりにしっかりとしたお店である可能性が高いと捉えることもできるでしょう。

キッチンとして働くメリットは?

キャバクラでキッチンとして働くメリットはあるのか?と聞かれれば、一つあります。それは、ナイトワーク系であるにも関わらず、お客さんと接する必要がない、つまり絡まれたり、そういった事態に対処する必要がないということになります。必然的に様々なリスクを避けることができるため、安心安全な職種とも言えるでしょう。どうしてもナイトワーク系で働きたい(例えばお給料の為に)けれども、お客さんとは接したくない、接客は苦手と言う方なら、キッチンを狙うメリットはかなり高いと考えることができます。

どんな人に向いているのかについて

では、キッチンスタッフにはどんな人が向いているのでしょうか。キッチンというだけあり、誰でも良いわけではありません。お店にもよりますが、基本的には本人が既に飲食店等で調理スタッフとしての経験を持っている、あるいは経験はないが料理上手である、という部分はマストと言えます。
続いては、オーダーは様々な席から入り、適切に対応する能力を求められるため、状況に応じて対処方法を模索し、実行することの可能な臨機応変さ、喜んでもらおうと努力するためのサービス性、つまりホスピタリティなどが必要です。そういった意味では、ホールスタッフと共通する部分が多いになると言えます。

キッチン裏話―働く上でのデメリット

見出し4備考:料理人になろうとしているなら避けるべき(料理のクオリティが求められる訳ではない)””
もし、あなたが今生で“料理人”を目指している、あるいはそういった形で料理をするものとして前に進もうとしているのならば、キャバクラのキッチンはお勧めできません。その理由としては、まず料理のクオリティが求められていないため時間の無駄になりえること、そして、経歴としても使うことができないからです。つまり、あなた自身が進もうとしている将来に全くコミットすることがないのです。興味本位で勤めてみるという選択もありますが、このような方には基本的にお勧めすることはできません。