歌舞伎町と双璧―六本木エリアでボーイになる | croc's mexican bar and grillボーイ求人|お店のタイプ・勤務エリア・職種大百科

歌舞伎町と双璧―六本木エリアでボーイになる

では、引き続きボーイとして働くのに選定しておきたい“エリア”毎のご紹介をしておきたいと思います。皆さんはどのようなエリアでボーイとして働きたいか、考えた事があるでしょうか。自分の働きたい業態が決まれば、次に覚えておきたいのはエリア毎の特性です。どのような場所で、どのような業態で働くかたによって働き方、接する人間のタイプまでもが違ってくるのですから、これはしっかりと最初に覚えておきたいところですね。それでは、六本木エリアのご紹介をしていきたいと思います。

夜が熱い街―六本木とはどんなエリアなのか

六本木界隈に関しては、知る人ぞ知る街という印象ですが、簡単に言ってしまえば歌舞伎町と双璧とも言える夜遊びの街と言えます。夜遊びと言えば歌舞伎町と答える方も少なくないものですが、実際には六本木界隈にも夜の遊び場がごまんとあり、朝方まで煌びやかで華やかな時間が過ぎています。
六本木界隈はと歌舞伎町の差を答えるのなら、一番大きいのは「人の層が違う」と言う点です。歌舞伎町には様々な人があふれているものの、少し庶民的な印象もあります。超高級店や有名な嬢もいるので、一概に庶民的とは言えませんが、客層全体としては若者やサラリーマンも多いといった印象があります。
対して六本木エリアに関しては、TV局なども近く、いわゆる芸能関係の方々が多いといった印象があります。経営者や芸能人、スポーツ選手や様々な社会的ステータスを持つ人々が夜を明かす街が六本木です。銀座とは少し違うのが、この六本木の場合は同じ高級店街であっても“若者寄り”な部分があるのです。
いずれにせよ、六本木界隈で働くのであれば、ボーイとしてもある程度しっかりとした経験がある方が好まれるのではないでしょうか。客単価も高く、客層もエグゼクティブクラスの方が出入りするお店が多いので、ある程度意識を高く持ってできる方の方が好ましいでしょう。

六本木エリアでボーイとして働くメリットは?

六本木界隈でボーイとして働くメリットとしては、大きくわけ2つあります。2つは、先ず就業後に遊び場と言えるお店が多いことです。様々な飲み屋がひしめき、芸能人も御忍びで遊びに来る街の代表がこの六本木です。この界隈で勤めるというのであれば、必然的に夜の街を知ることになるでしょう。
もう1つは、六本木界隈には基本的にキャバクラ1つをとっても超がつくような高級店が沢山あるので、必然的にそういったお店で働くボーイのお給料も、全体で高く設定されているものです。もちろん、これまで全くボーイの経験がないという方には少し荷が重いかもしれません。出来れば、少し違うエリアで経験を積み、全体的な動きに慣れてから六本木エリアでの勤務にチャレンジをした方がいいでしょう。それでも大丈夫だと言う方であれば、最初から挑戦してみるのも、ありかもしれませんね。

どんな人に向いているのかについて

では、続いて六本木エリアのキャバクラボーイのお仕事に関しては、どんな方が向いているのかについて少しご説明しておきたいと思います。基本的にはこれも2つの点があります。1つは、自身もこういった街で遊ぶことに憧れている、あるいは基本的に遊び慣れていて“遊び場が欲しい”と思っている人、もう1つは英語が話せる人、です。というのも、六本木界隈で遊んだことがある人ならすぐに分かると思うのですが、この辺りには外国人がとても多く、英語が日常的に飛び交っています。これは、キャバクラであっても決して例外ではありません。つまり、六本木エリアのキャバクラで働くのだとすれば、どうしても英語を使うことが求められる場面があるということですね。お店で使う英語は限られるでしょうから、ネイティブのように話せる必要は全くないのですが、最低限の単語を駆使し、コミュニケーションをとる能力が求められるかもしれません。そういった意味では、もし英語ができるのであれば六本木エリアでの勤務には非常に有利と言えるでしょう。

六本木エリア裏話―ボーイとして働くデメリット

最後に、六本木のボーイとして働くデメリットを挙げるのだとすれば、このあたりの空気に慣れない人には厳しいと思います。というのも、基本的にお金持ちが集まる場所なので、空気感というか、全体的にハイソな雰囲気が漂っています。なので、あのお金お金した雰囲気が平気な人でないと、続けるのは厳しいでしょう。恐らく、想像以上に気疲れすることは間違いありません。なので、あのような雰囲気でも全然イケます、という男性でないと、この界隈でのボーイは務まらないと言えます。