経験者大歓迎―キャバクラのソムリエ・バーテンダーのお仕事 | croc's mexican bar and grillボーイ求人|お店のタイプ・勤務エリア・職種大百科

経験者大歓迎―キャバクラのソムリエ・バーテンダーのお仕事

ナイト系求人の中には、ちょっとしたレアな求人というものもあります。その中の1つが、ソムリエ・バーテンダーの職種です。ナイト系の求人と言えば、大抵はいわゆるボーイ(ホールスタッフ)かキッチン、あるいはドライバーの仕事を見かける事が多いと思いますが、実はキャバクラの仕事の中にはソムリエやバーテンダーといった職種もあり、レアな仕事として一定の人気を集めています。そこで、今回はキャバクラのソムリエ・バーテンダーのお仕事について少しご紹介したいと思います。

身につけた技術で―ソムリエ・バーテンダーとはどんな職種なのか

ソムリエ・バーテンダーと聞いて、皆さんはどのようなものを思い浮かべるでしょうか。どちらも、特定の形態の飲食店では見かけるものの、キャバクラとイメージが結び付かないといった方も多いと思います。実は、昨今ではキャバクラもメディアなどでの大きな露出やブームなども相まって、非常に大きな人気を誇っています。そのような時の流れの中で、高級キャバクラを中心に、イメージの一新を図る所も出てきているのです。
特にそういった要素を強く秘めているのが六本木界隈のキャバクラ店ですが、十分にお金をかけているキャバクラでは“高級ワインやシャンパン”をお客様の好みや食されている料理に合わせて提供するサービスなども行っているのです。

普通のキャバクラでは基本的にソムリエやバーテンダーをそれほど見かける機会はないかもしれませんが、一定規模を越えたお店、あるいはこだわっているお店には在籍しているのです。このような職種につくためには、未経験ではいけません。特にソムリエになるためには、ソムリエとしての経験や資格が必要になるので注意が必要です。バーテンダーに関しては、お店によりますが、こちらも基本的には経験者歓迎といった向きがありますので、未経験の方にはあまりお勧めできない職種と言えます。

これまで培った技術や経験をお持ちということであれば、一つの選択肢として頭の中に入れておいてもいいのではないでしょうか。

ソムリエ・バーテンダーとして働くメリットは?

ソムリエやバーテンダーとしての経験等を持っている方は、基本的にそういった職種の方を募集している飲食店、バー等で働かれると思いますが、実は水商売系のお店で活躍しようとした時に、お給料が通常の飲食店よりも高いことに気付くと思います。つまり、一般的なお店で働くよりも、資格や経験を活かして高給を得ることができるのです。そのため、滅多に求人には出てきませんが、こういった事情を知っているソムリエの方やバーテンダーの方はナイト系の求人をみかけると応募するので、レアな求人となっています。

どんな人に向いているのかについて

これは、明らかに“経験者かどうか”です。基本的に経験が豊富であるほど、良いとされます。これまでの実務経験、保有資格など含め、即戦力として使えるかどうかが採用のカギとなりますので、圧倒的に経験者の方に向いていると言えます。

ソムリエ・バーテンダー裏話―働く上でのデメリット

見出し4備考:あくまで裏方なので通常の飲食店のように表立って活躍できない場合あり””
この職種への応募を考えていると言う方は、基本的にソムリエ・バーテンダーの資格や経験をお持ちだと言うことになると思いますが、ここで一つ注意しておいて頂きたいのが、あくまでも仕事の舞台は夜のお店ということになります。そのため、一般の飲食店のように表にたって説明をしながら~話を伺いながら~というスタンスでの勤務になるとは限りません。つまり、裏方としては活躍出来ても、表だって活躍できないという可能性もあるということですね。経験を通して、これからも表に立って活躍したいともしお考えになられるようでしたら、夜のお店での勤務は避けた方がいいかもしれません。みなさんがどのような形で活躍されたいのか、その形によっては選択する事が難しい、というのが唯一のデメリットと言えるでしょう。